過酷な現実に負けないために

名字
メールアドレス

数ある癌の中でも、生存率が低い、言い換えれば死亡率が高い傾向にあるのがスキルス性胃がんです。そのため、克服は容易ではありませんが、全ての方が発見から短期間で亡くなっているわけではなく、実は克服できる場合もあります。

胃がんは癌の中にあって、比較的治療の結果が出やすい反面、スキルス性については話が別です。そのため、特に気をつけなければならないのは事実なので、患者さんやご家族も、希望は捨てず、しかし医師に全てを丸投げしないことが必要です。

たしかに、スキルス性胃がんで亡くなる人の話しはよく聞きます。闘病記などを読んでいても、そうした結末を迎えるケースは少なくありません。しかし、克服した人がいるという現実もあるので、その点を忘れないでください。

スキルス性の特徴とは

通常の胃がんの場合には、症状が進行する過程で潰瘍を作るなど、胃壁の表面に特徴的な異常をもたらすのが一般的です。そのため、X線検査(健康診断の際にバリウムを飲んで行う検査)や胃カメラ(内視鏡)によって、発見されやすいのです。

これに対して、スキルス性胃がんについては、胃壁の表面にほとんど変化を起こさず、胃全体がわずかに縮んで固くなるような変化を起こします。そのため、X線検査や胃カメラでは兆候を発見しづらく、たとえ毎年健康診断を受けていても、初期症状のうちは見落とされてしまいやすい傾向にあります。

したがって、発見された時には、すでに症状が進行した状態になっており、スキルス性胃がんが悪化して、他の場所にも飛び散ってしまっていることが多いのです。なお、この飛び散ってしまうことを転移と呼びます。

スキルス性胃がんにおいては、他の内臓に飛び散る他、腹膜という場所に転移を起こすことが多く、腹膜播種(腹膜に種をばらまいたように広がる現象)が多く見られます。

このように、スキルス性胃がんは症状が発見しづらく、見つかったときにはすでに転移を起こしていることが多々見られます。過半数の患者さんは、発見された段階で根治手術が不可能な状態になってしまっているのが現実です。

症状が進行した状態で見つかる上、症状が悪化するスピードも早い傾向にあるので、スキルス性胃がんの生存率が低いのは、理由があることなのです。

患者さんができること

専門的な治療は医師に任せることになりますが、その反面、患者さんや周りの方にしかできないこともあります。たとえば、日々の体調管理、具体的には食事や休息、規則正しい生活といったことは、患者さんが心がけなくては、実現しません。

不規則な生活を送ったり、体に悪い食事を摂り続けるのが問題なのは、言うまでもないでしょう。スキルス性胃がんであっても、こうしたことは問題になります。

これらは医師に任せられることではないので、自分自身の体調管理を行っておきましょう。甘く見ている人もいるものの、基礎体力に関わる問題なので、スキルス性胃がんは克服できるのかも、馬鹿にできません。

特に食事については、癌を克服するための食事法も提唱されているので、後悔することのないように、そうしたものを参考にしてもよいでしょう。以前と変わらない食生活を送ったり、一般的に言われている健康的な食事、つまり低脂肪、減塩、野菜中心といった程度の内容に気をつける程度にしたため、症状を改善するチャンスを逃してしまったと悔やむことのないようにしてください。

具体的な食事法に付いては、こちらで詳しく解説されています。スキルス性胃がんという厄介な病気を克服するために、ぜひ役立ててみてください。他にも、十分な睡眠を取ることや、気分転換を図ってストレスを溜めないといったことにも、気をつけてみてください。

スキルス性胃がんに有効な方法は?
癌の食事療法を追求してたどりついた結果

太陽光